医師も患者もメリット豊富な電子カルテ

popular post

  • 電子カルテの便利な機能について

    スタッフの間接作業を減らせる電子カルテ 現在カルテは紙媒体のモ…

    » VIEW

  • 電子カルテならではのサポート機能とは

    紙カルテと使い方が異なる電子カルテ 電子カルテは紙カルテと違っ…

    » VIEW

医師の作業効率も上がる電子カルテはメリットが豊富

最近ではIT企業が進んで医療にまで進化をもたらしています。それは患者のカルテです。カルテとは患者さん一人一人の症状や病気など、病院で関する情報を全て書き込んでいきます。以前では、患者のカルテは全て紙媒体で管理していました。しかし、病院では新しい患者は毎日のように増え通づけています。患者の数が増えればその分、カルテも数を増し続けていきます。
よって、カルテを保管する場所もどんどん増え続けていきます。カルテは大事な個人情報が書かれているので、管理がもの凄く難しく、個人情報保護法などが取り上げられている現在では、病院でのカルテの管理は大きな問題となっていました。そこでITの出番です。紙媒体だったカルテをデータにし、電子カルテを誕生させました。電子カルテはメリットが多く、変更になったデータもすぐに修正可能ですし、権限があれば誰でも編集や閲覧が可能になりました。
持ち運びという点でもメリットが増えています。医者が院内にいなくても患者のカルテを確認できるので、作業効率もアップしました。電子カルテのメリットはそれだけでなく、紙カルテよりも初期費用が抑えられ、困っていたカルテの保管場所も、電子カルテならタブレットやサーバさえ確保できれば問題ありません。電子カルテは医師にとっても、より質の高いサービスを受けられるようになった患者にとってもメリットがたくさんあります。

さまざまな機能が付いた電子カルテ

最近は電子カルテが主流となっていて利用している病院が増えてきています。これまでのカルテだと患者さんが増えれば増えるほどカルテの数も当然増えていきますから、置き場所も増やしていかなければならず探すのにも時間がかかるなど悪循環でした。しかし電子カルテを利用することでその問題は解消していきます。なにより管理がしやすいですし、検索機能が付いていますので患者さんの情報が素早く的確に分かるようになっているところが魅力的です。
手書きのカルテだと見た全ての人に明確に伝えられるかは微妙なところですが、電子カルテならばその心配はまずありません。もちろんデータ化されているとは言え、入力しているのは人間なわけですから入力ミスをしてしまうこともあるかもしれません。しかしそのミスを自動でチェックして一覧にしてくれる機能が付いた電子カルテもありますので安心して利用することが出来ます。
また電子カルテの利用はなにもお医者さんや患者さんだけに役に立つというわけではありません。受付や会計など全ての部分での連携が出来るため、今までよりも時間がかからずに作業や案内をすることも可能になります。このように電子カルテは通常の業務を効率よくしてくれるとても便利なものなのです。

連携施設間の診療情報を共有することで地域の病診連携も可能です。 効率的で質の高い医療に、クラウド電子カルテが必須となること間違いなしです。 過剰な機能を抑えたシンプルかつ無床診療所・在宅クリニックに最適なクラウド電子カルテです。 いつでもどこでもインターネット環境さえあれば、電子カルテの利用ができるので場所を選びません。 在宅から病院まですべて1パッケージで利用可能です。 最新式の電子カルテのいいところ

Copyright(C)2017 機能性が高くメリットが豊富な電子カルテ All Rights Reserved.