デメリットよりもメリットが多い電子カルテ

popular post

  • 電子カルテの便利な機能について

    スタッフの間接作業を減らせる電子カルテ 現在カルテは紙媒体のモ…

    » VIEW

  • 電子カルテならではのサポート機能とは

    紙カルテと使い方が異なる電子カルテ 電子カルテは紙カルテと違っ…

    » VIEW

電子カルテで院内の事務作業を効率化

電子カルテを導入することで自動チェック機能によって、レセプト、カルテ作成時のミスを防ぐことができます。
なので、返戻の手間を減らすことができるメリットが存在する上に、人手では時間が掛かる縦覧点検のチェックに割く時間を減らすこともできます。
さらに、突合点検に対するチェックも簡単に行えるようになるので、レセプト、カルテ作成を素早く正確にこなせるようになります。
また、電子カルテは検索できるため、患者のカルテを表示して短時間で検索できます。
受付と会計のスピードも早まるので、予約受付システムを併用することで、患者の待ち時間を短縮します。
そのため、患者の待合室の混雑防止の他にも院内感染を予防することも可能になります。
特に、患者の待ち時間を短縮することで院内感染を予防できることは、患者の満足度を高めることに繋がります。
ちなみに、電子カルテを導入することでカルテ作成とカルテ出しを短時間で済ませるようになるので、縦カルテと違って片付ける手間がなくなります。
自動チェック機能が搭載されている電子カルテを導入するメリットは、ミスによってレセプト、カルテ作成の手間が掛かるのを防ぐことができる点にあります。
その上、自動チェック機能によってレセプト、カルテ作成の時間が短縮される他にも、予防受付システムも兼ねれば患者の待ち時間も短縮できます。

電子カルテ導入はリスクが少ない

現代の病院では、紙のカルテに代わり電子カルテを導入する取り組みを行っています。しかし、実際の普及率はまだまだと言える状況です。ここでは、電子カルテについてや電子カルテを取り入れるメリットなどをご紹介していきたいと思います。
電子カルテとは、紙に記していた診療記録を電子データに置き換えたものです。紙媒体での保存ではなくデータによる保存を行うので、他の医療機関とデータベースを共有できればよりスムーズな診療が可能となります。しかし、いまだデータや各処理の標準化が行われていないため共有化はされておらず、実現化が急がれています。
【電子カルテのデメリット】電子データであるためコンピュータウィルスや不正アクセスなどの脅威がある、導入のコストが莫大になる、停電などでシステムがダウンすると一時的に利用できなくなってしまうといったデメリットがあります。
【電子カルテのメリット】患者のデータにレントゲンなどの画像の添付ができ、データの一元管理が可能になります。また、手書きによる判読不能なカルテも、電子カルテによって識別しやすくなります。物理的な保管場所が不要なので長期間保存しやすく、紛失のリスクも減らすことが出来ます。電子カルテの共有化が実現すれば、人為的なミスの減少や診療精度向上が見込めるのです。こう見ていくと、電子カルテはデメリットよりもメリットほうが多いことがご理解頂けると思います。

Copyright(C)2017 機能性が高くメリットが豊富な電子カルテ All Rights Reserved.