電子カルテの便利な機能について

popular post

  • 電子カルテの便利な機能について

    スタッフの間接作業を減らせる電子カルテ 現在カルテは紙媒体のモ…

    » VIEW

  • 電子カルテならではのサポート機能とは

    紙カルテと使い方が異なる電子カルテ 電子カルテは紙カルテと違っ…

    » VIEW

スタッフの間接作業を減らせる電子カルテ

現在カルテは紙媒体のモノから電子カルテに移行しつつあります。そんな電子カルテのメリットを挙げると、まず自動チェック機能が付いているのでミスを防ぎ返戻を減らすことが出来ます。これが最大のメリットということが出来ますし、縦覧点検や突合点検の確認は人が行うと時間がかかり大変な作業と言えますが電子カルテのチェック機能ならすぐに終了します。正確なレセプトとカルテ作りがスムーズになり簡単に行うことが出来るのが魅力と言えます。
また電子カルテなら検索可能で患者のカルテをすぐに表示することができ、カルテを出すのに時間がかからず搬送や片付けの手間も必要ないと言えます。予約受付システムと併用することで患者の待ち時間を減らすことが出来、待合室、駐車場の混雑防止と院内感染のリスクを減らすことが可能です。
他にも電子カルテは紹介状や診断書といった作成機能があり標準装備の文書テンプレートを使用することで事務作業を効率化することが出来ます。さらにそれが人件費の削除にも繋がるのです。あとは紙のカルテと異なり保管する必要がないので収納スペースが必要ないのと紙が不要なので環境資源の削減が出来ます。
電子カルテは患者に関する各種データを一元管理が可能で、そうすることでデータの紛失を防止、スタッフの間接作業を減らせます。

電子カルテを導入するメリット

病院で患者さんの状態を記録するものをカルテと言うのですが、近年このカルテが電子化しています。電子化することによるメリットは様々あります。ここではそのメリットについて話していこうと思います。
まず作業時間の短縮に繋がります。病院で受付する際はその患者さんのカルテを探します。しかし病院の規模が大きくなるほどこの作業は大変になります。膨大の量の中から一人の患者さんのものを探すのはいくら整理されていたとしても時間がかかってしまいます。そうなると受付に時間がかかってしまい、患者さんも待たせてしまうことになります。もし電子カルテを導入していれば、名前で絞り込めて一瞬で見つけられるので、作業時間も短くなりますし、患者さんも待つ時間が短くなります。
電子カルテならパソコン入力なので、誰にでも見やすいです。普通のカルテの場合記入者によっては字が見にくい時があります。カルテは患者さんの医療記録なので誰にでも読めるものでないといけません。パソコン入力の電子カルテならそういった心配はございません。電子カルテはメリットが大きいですが、その分パソコン操作も職員が出来るようにならないといけません。なので導入の際には十分な教育も必要なことを忘れないでください。

Copyright(C)2017 機能性が高くメリットが豊富な電子カルテ All Rights Reserved.