電子カルテならではのサポート機能とは

popular post

  • 電子カルテの便利な機能について

    スタッフの間接作業を減らせる電子カルテ 現在カルテは紙媒体のモ…

    » VIEW

  • 電子カルテならではのサポート機能とは

    紙カルテと使い方が異なる電子カルテ 電子カルテは紙カルテと違っ…

    » VIEW

紙カルテと使い方が異なる電子カルテ

電子カルテは紙カルテと違って、文字の入力に慣れるまで紙カルテの方が使うのが簡単ですが、使い慣れれば事務作業を効率化できます。
なぜなら、電子カルテは紙カルテのように紙が溜まる心配がなくなるだけでなく、検索機能が備わるので情報を短時間で検索して見れるからです。
また、紙を使うことがない上に紙カルテをデータ化させる他にも、患者のデータが紛失することなく管理できます。
そのため、患者のデータを参考にして患者へのインフォームドコンセントに役立てたり、検査センターと連携することも可能です。
他にも、診断書の文書を作成する機能も備わるので、正確に素早く文書を作成できます。
なぜなら、電子カルテは紙カルテと違ってテンプレート化された画面から病名や検査を選択するだけで入力できるからです。
さらに、電子カルテは疾患別に文書を作成するのに適しており、文字の抜け漏れを防ぎつつ文書を作成できます。
なので、作業のミスを減らせるメリットが大きい電子カルテは、文書を多く作成しても検索機能ですぐに選べます。
他にも、電子カルテは収納スペースを確保せずに文書を作成できるので、紙が溜まって情報管理が疎かになるリスクを極力減らせます。
電子カルテは紙を使わないので、紙カルテと異なる使い方になりますが、電子カルテでは入力に慣れれば作業のミスをなくすことが可能になります。

電子カルテのサポート機能によるメリット

電子カルテにはサポート機能が搭載されているので、キーボードの入力が苦手な医師でも文字をミスすることなく入力しやすいです。
特に、電子カルテはセット入力としてワンタッチで文字を入力することができるので、よく使う処方を登録することですぐに入力できます。
さらに、セット入力は薬の処方や検査依頼を組み合わせることができるので、入力スピードを早めつつ入力ミスを減らせるメリットが存在します。
他にも、サポート機能にはペン入力があるので、液晶モニターとモニターに対応しているペンがあれば、ペンで文字を入力できます。
電子カルテでペン入力を行うことは、直接書き込むように入力可能となる他にも、部位ごとにテンプレートが多く用意されています。
なので、紙カルテでの手書きと違って文書作成に割く時間を短縮できる上に、電子カルテでは診断書や紹介状を作成することもできます。
つまり、電子カルテのサポート機能を上手く活用することで、事務作業を効率化させれるメリットが大きいです。
さらに、電子カルテは紙カルテをデータ化させるので、カルテ内容を文書に貼り付けることも可能です。
電子カルテにおいてサポート機能は、パソコンをいじらない医師であっても文字の入力を素早く行うことができます。
そして、音声入力もサポート機能として搭載されているので、カルテ作成の時間を大幅に短縮するならば音声入力がお勧めになります。

Copyright(C)2017 機能性が高くメリットが豊富な電子カルテ All Rights Reserved.