患者に関するデータを一元管理

popular post

  • 電子カルテの便利な機能について

    スタッフの間接作業を減らせる電子カルテ 現在カルテは紙媒体のモ…

    » VIEW

  • 電子カルテならではのサポート機能とは

    紙カルテと使い方が異なる電子カルテ 電子カルテは紙カルテと違っ…

    » VIEW

情報管理を一元化できる電子カルテ

電子カルテには自動チェック機能だけでなく、紹介状や診断書を作成する機能も併せ持ちます。
そのため、文書テンプレートを利用することで、人手では時間が掛かる事務作業を効率化させれるメリットが存在します。
そして、院内支持線をテンプレート化することで支持内容を印字することも可能なので、投薬や検査のミスを減らすこともできます。
さらに、電子カルテのメリットとして情報管理を一元化できるため、患者に関するデータを一元管理できます。
なぜなら、電子カルテは検査システムと連携しているので、データの紛失を防ぎつつスタッフ間の間接作業の手間を省けるようになるからです。
ちなみに、電子カルテは検査システムと連携しているため、検査支持から結果取得までの流れを素早く行えるようになります。
さらに、作業のミスを極力減らすこともできるメリットが存在するので、電子カルテに表示される情報通りに動くことで正確に作業をこなせます。
また、電子カルテを利用しての作業の流れとして、医師が電子カルテの画面に検査指示を入力したら、検査センターへ検査指示を送信します。
その後に、検査センターから検査結果が送信されるので、電子カルテに情報として取り込むので院内の情報化により作業効率を高めることができます。
電子カルテによって事務作業を効率化させることは、電子カルテで患者のデータを一元化させつつデータの紛失を防ぐメリットを得ることになります。

紙カルテが必要なくなる電子カルテ

電子カルテは、紙カルテを使うことがないので紙カルテを保管する必要がなくなります。
その影響により、紙カルテを保管するためのスペースを確保しなくても情報管理を行えるだけでなく、紙カルテより文字が読みやすいです。
なぜなら、電子カルテはパソコンに文字を入力する形になるので、紙カルテと違って文字の癖が出ないからです。
なので、院内の情報管理が捗るだけでなくスタッフ間の伝達がスムーズになります。
また、電子カルテは検索できるので、検索したい情報をすぐに見ることが可能です。
収納スペースを必要としないメリットを持つ電子カルテは、紙カルテと違って一覧性が低いという難点もあります。
電子カルテは、紙カルテのようにペラペラめくることができないので、紙カルテに慣れている人であれば電子カルテの操作に手間取りやすいです。
とはいえ、データの紛失を防げる電子カルテであれば過去カルテの一覧を表示できるので、検索機能を使うことで見たい情報を検索しやすいです。
検索性に優れる上に事務作業を効率化できる電子カルテは、初めて電子カルテを使う医師の場合入力に慣れるまで時間が必要となります。
けれども、音声入力やワンタッチ入力で文字を入力できるので、キーボードの操作に慣れていない医師でも電子カルテの操作に慣れやすい傾向があります。
また、電子カルテは紙カルテを保管することなく利用できるので、情報管理を一元化できるメリットがあります。

Copyright(C)2017 機能性が高くメリットが豊富な電子カルテ All Rights Reserved.